受託解析業務BUSINESS 01

汎用構造解析ソフトを用いて、受託解析業務を行います。
手計算では求めることができない箇所の応力解析や、試験を行うのが困難な事象も、FEM解析により低コストで現象を把握することができます。

解析事例

架構の塑性を考慮した非線形静解析

延性材料の構造物に降伏点を超える力が作用した時の変位・応力等を計算する解析です。
延性材料は、降伏点以下の力が作用した場合は力を除くと元に戻り(弾性域)、降伏点を超える力が作用すると力を除いても変形したままで元に戻らなくなります(塑性域)。
また、応力と歪みが比例関係にある状態を線形、比例関係にない状態を非線形といいます。
本解析モデルは架構に降伏点を超える力が作用した時にどのような変位・応力になるかを計算しています。

Uボルトと配管の接触を考慮した非線形静解析

異なる2つの構造物同士が接触した時の変位・応力等を計算する解析です。
構造物同士が接触するまではお互い自由に変形し、接触後は一体的な挙動になります。
本解析モデルは配管とUボルトが接触した時にどのような変位・応力になるかを確認しています。

コンテナクレーンの固有値解析

構造物の共振周波数と振動モードを計算する解析です。
構造物に振動が作用し、共振が発生すると振幅がどんどん大きくなり、構造物が破壊する場合があります。
本解析モデルはコンテナクレーンの共振周波数と振動モードを確認しています。

10階建てビルの時刻歴応答解析

構造物に時間とともに変化する加速度(地震波等の振動)を与え、変位・応力等を計算する解析です。
時刻歴応答解析とは、荷重等が時間的に変化する状態を解析することで、時々刻々の結果を得ることができます。
本解析モデルは10階建てビルの時刻歴応答解析による変位・応力の大きさを計算しています。

配管の熱変形による線形静解析

構造物の温度上昇に対する変位・応力等を計算する解析です。
構造物の変形の大きさは材料の線膨張係数と温度上昇によって決まり、それらが大きいほど構造物の変形が大きくなります。
本解析モデルは、配管の温度上昇に対する熱変形を確認しています。

電子基板の過渡熱伝導解析

構造物の温度分布が時間とともに変化する状態を計算する解析です。
熱は高温から低温に移動し、材料の熱伝導率が大きいほど移動熱量が大きくなります。
本解析モデルは、電子基板の温度分布の変化を確認しています。

プラント設計業務BUSINESS 02

原子力・火力発電所等のプラントにおける各種設備全般の様々な設計業務を行います。
2次元設計、または3DCADを用いた3次元設計も対応いたします。

架台

製図業務については、プラント設備のみならず下記のような対象でも対応できます。

トレーラー_2D
トレーラー_3D

3Dレーザースキャナを用いた計測および設計BUSINESS 03

プラント・工場等の現場にて改修工事を行う際や近づいて測定が難しい場合に3Dレーザースキャナを用いて現場状況の把握や現場調査を実施します。
また、計測データは3次元データとなるのでこれらを用いて設計及び配置・レイアウトの検討、干渉チェックなども行えます。

3D計測データ(点群データ)よりCADを作成する

現場にて計測した点群データを認識させて3Dモデルを作成します。配管・ダクト・鋼材など様々な形状の3Dモデル化が可能です。
また、作成した3Dモデルを解析モデルへ変換して評価を実施したり、2D図面を作成することも可能です。

配管のモデル化

ダクトのモデル化

工事計画検討(機器搬入と新設配管作成)

現場内に新たに機器等を設置する際の配置検討及び、機器搬入の際の干渉確認を同時に行えます。

プラント内ウォークスルー

計測した点群データ及び3DCADモデルでビジュアル化されたモデルでのレビューを行うことでお客様や工事を担当されるメーカー様に現場状況をより分かり易く伝えることができ、作業の効率化を図ることが可能です。

システム開発業務BUSINESS 04

デジタルデータの情報処理や3Dモデルを用いたアプリケーションなど、さまざまな業務支援システム開発の業務を行います。
お客様のニーズに合わせた提案、システム開発、保守運用まであらゆる業務課題に対応いたします。